今月の野菜


にんじん
にんじんの豊富なカロテンやビタミンCは、粘膜や皮膚を強化してくれます。風邪の多いこの時期には最適の食材です。

調査情報部 調査情報第二課


学名:Daucus carota L.
英名:carrot
仏名:carrotte
日本での呼び名:人参
植物学上の分類:セリ科
にんじんの花

1)プロフィール

 にんじんの原産地は、アフガニスタン周辺とされています。そこから、東西2つのルートに分かれて、日本に2系統のにんじんが渡来することになりました。

 1つは、13世紀に中国に広まり16世紀末から17世紀に日本に伝わった東ルートの東洋種です。色が、赤、白、黄、紫など多彩で細長いのが特徴でした。現在は、赤い色の金時にんじんが残っています。

 2つめは、12〜13世紀にヨーロッパに伝わり、江戸時代末期に直接長崎へ渡ってきたものと、ヨーロッパからアメリカ経由で19世紀に渡ってきた、西ルートの西洋種です。

 江戸末期に長崎に渡った西洋種のにんじんは「洋角ようかくにんじん」として栽培記録が残っています。これが後に「長崎五寸ながさきごすん」となり、現在日本をほぼ制覇している「黒田五寸くろだごすん」や一代雑種の「向陽こうよう2号」などの五寸にんじんを生みました。日本では分化した品種は、「三寸さんすんにんじん」、「四寸よんすんにんじん」、「五寸ごすんにんじん」というように根の長さをもとに尺貫法で表現されます。西洋種のにんじんが主となったのは、戦後のことで、食卓の洋風化に伴い広まったこと、根の短い西洋種は、東洋種と比べて栽培期間が短く農作業が容易だったことからです。現在栽培されているにんじんはほとんど西洋種となっており、「五寸ごすんにんじん」が主流となっています。東洋種で現在一般的に流通しているのは「金時きんときにんじん」とよばれる品種です。最近は、にんじん特有の臭いが少なく、カロチンが豊富なものが人気です。

2)品種と種類

3)主な産地

 にんじんの収穫量は、65万トン(平成15年産)と根菜類ではだいこんに次いで第二位です。にんじんの生育適温は18〜21℃で比較的低温を好み、暑さに弱いことから夏場は北海道、青森県などの冷涼地を中心に生産されています。にんじんの生産量は、40年前の生産量の約2倍と大幅に増えました。 

 周年出荷されるにんじんは、大きく春夏にんじん、秋にんじんおよび冬にんじんに区分されます。春夏にんじんは、徳島県や千葉県を中心に、秋にんじんは北海道や青森県を中心に、冬にんじんは千葉県や愛知県を中心に生産されています。

□東京都中央卸売市場における「にんじん」の月別入荷割合及び県別割合(平成15年)


□大阪府中央卸売市場における「にんじん」の月別入荷割合及び県別割合(平成15年)


資料:東京都中央卸売市場年報、大阪府中央卸売市場年報、大阪市中央卸売市場年報
 注:( )はその月の県別出荷割合

○世界のにんじん

【世界のにんじんの生産概況(2003年)※】


※FAO『FAOSTAT Agricultual Production』 
 2004.6.17現在のデータによる。

 世界の総生産量は23,321千tです。世界で一番生産量の多いのは中国で、全体の約35%を占めます。次いで、アメリカ、ロシアと続き、日本は第6位です。

 日本は、54,532t(2003年実績「にんじん及びかぶ」)の輸入を行っています。生鮮野菜で見てみると、「にんじん及びかぶ」は、たまねぎ、かぼちゃ、ブロッコリー、ごぼうに次いで多く輸入されています。

 1997年までは輸入第1位の国は台湾でしたが、1998年以降は中国が第1位の国となり、2003年では、全体の77%を占めています。

中国福建省での収穫、出荷作業の様子
中国内蒙古自治区の圃場の様子

4)栄養

 にんじんは、カロテンが豊富に含まれています。特に、β−カロテンは豊富で、にんじんがオレンジ色をしているのは、β−カロテンが黄橙色をしているためです。β−カロテンは皮の近くに多く含まれているので、調理をする時は皮を薄めに剥くといいでしょう。

 にんじんの中でも、金時にんじんは、濃い赤色をしていますが、これはβ−カロテンが多いのではなく、同じカロテノイド類でもリコペンと呼ばれるもののためです。リコペンはトマトに多く含まれている色素で、抗酸化作用があると近年注目を浴びています。

5訂 日本食品成分表 可食部100g当たり

5)選び方と保存方法

○選び方

1.全体的に色が濃く鮮やかで、肌がなめらかでつやがあるものを選びましょう。

2.軸の切り口の大きいものは芯が太くて硬いので避けましょう。

3.収穫まで期間が短い春夏にんじんは、葉柄の切り口が緑色だと、適切な時期に収穫されている目安です。

○保存方法   ○まめ知識
 
 にんじんは、比較的保存しやすい野菜です。夏場は冷蔵庫の野菜室、冬場は冷暗所に保管します。

 水気がついたままにしておくと、そこから傷み始めますので、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存するときは、袋内に水気がたまったらふき取りましょう。

元のページへ戻る