Citrullus lanatus

watermelon(英)

pasteque(仏f)

西瓜(和)

砂漠では飲料として発達。

果実のほか種も食用に。

大玉、小玉、緑、黒、黄、

しま、無地など多彩


砂漠では水の供給源

すいかの原産地は南アフリカのカラハリ砂漠とする説が、もっとも有力です。4000年前にはすでにエジプトで栽培され、種を食用に。中近東や中央アジアなどの砂漠地帯では水がわりの飲料として珍重されました。日本に渡来したのは天正年間(1630年ころ)。明治に入り、欧米から多数の品種が導入されました。

大玉すいか

日本のすいかの主流。しま皮で果肉が赤色のものがほとんど。果肉にシャリ感があり、甘みに富む。種は小さくて少ない。

【水分の多いうりの意味】

英語でウォーターメロン、江戸時代には「水瓜」とも書かれました。「西瓜」という字は、中国で西域から伝わったうりの意味でつけられたもの。

小玉すいか

果皮の色やしま、果形は大玉すいかと変わらないが、1.5〜2キロと小型。果肉はざらつくが、甘みに富む。皮が割れやすい。

【夕顔とともに育つ】

すいか栽培で問題になるのは、根を侵すつる割れ病。そこで、この病害に強い夕顔の台木に接ぎ木する方法をとっています。すいかの接ぎ木は野菜のなかではいちばん最初に行われ、昭和の初め、一軒の農家が試みたのがきっかけでした。

黄肉すいか

上品で淡白な風味があるが、出回り量は少ない。

【好みは赤色・大玉】

すいかの肉色には大別すると赤、黄、白系があります。小玉すいかもありますが、赤色大玉のしま皮が主流となっています。暑い日に冷たく冷やしたすいかの味は格別。気温が30℃を超えると消費が急増してきます。

種なしすいか

日本で開発された技術で作出。発芽させるのがむずかしく、熟期が遅い。日本では現在ほとんど栽培されていない。

【種なしは東南アジアで】

一時、注目された種なしすいか。熟期が遅く味にむらがあるなどの理由で、日本ではあまり普及しませんでしたが、東南アジアでは、台湾で改良された品種が広く普及し、主流となっています。種なしすいかの種はどうやってつくるのでしょうか。じつは、コルヒチンという薬品で処理をしたすいかとふつうのすいかを交配すると、種なしすいかの種が得られます。これをまくと、その果実は種なしになるのです。

黒皮すいか

東南アジアではよくみられる。赤色、種なしが一般的。日本でもわずかに栽培。

【ナッツや漬物にも】

アフリカ諸国や中国では、種の大きな品種をナッツ用につくっています。中国から炒って味つけしたものが、日本にも入っています。

また、和歌山特産の”源五兵衛”は果肉が白い品種で、堅いので生では食べませんが、奈良漬けとして利用します。

黄皮すいか

果肉は赤いが、果皮が黄色の珍しい品種。実際の栽培は少ない。



別名「ジャンボすいか」

富山特産の黒部すいか

変わりものの一つに黒部すいかがあります。だ円形で太いしまがあり、重さが15キロ前後、ときには30キロにもなります。富山県の特産品として贈答用にわずかに出回ります。両側にわらじのようなクッションをつけ、縄でくくるユニークな出荷形態です。


すいかの果実は重い。収穫、運搬は重労働。

花は雌雄異花で、同株。左が雌花


「野菜図鑑」目次ページへ

「野菜の情報」トップページへ