Allium cbinese

scallion(英)

辣韮(和)

中国から平安時代に渡来し、

江戸時代までは薬用。

市場にでるのは5〜7月。

漬物のほかに、生食も


カレーライスの名脇役

日本で代表的な甘酢漬けのらっきょうは、カレーの薬味に欠かせません。東南アジアでも塩と酢で漬け、カレーとともに食べられています。中国では漬物のほかに生食され、台湾では煮ものにも用いられます。

【その昔は薬用】

日本では9世紀ころからの書物に記載がありますが、当初は薬用に供されたとみられます。らっきょうはにんにくに含まれているものに似た硫黄化合物を含んでおり、食欲増進のほか発汗、消炎、制菌などの作用があります。

らっきょう

らっきょうは、種ができないのでもっぱら地下の球でふえる。品種はきわめて少なく、”八房”、”らくだ”、”玉らっきょう”など数種。

【花らっきょうは白色美人】

らっきょうはふつう、植えつけて2年目に収穫します。花らっきょうの収穫は植えつけの翌々年。色白で肉質のしまった小球が数多くとれます。

最近では2年目でも小球が能率よくとれる”九頭竜(くずりゅう)”という改良種も登場しています。

若どりらっきょう

土寄せ、軟白した葉つき若どりらっきょうが、生食用にエシャレットという名で出荷されている。


葉先の枯れる初夏には、6〜9球に分球する。掘りあげて、緑葉と根を切り取り出荷。 漬物加工はほとんど生産地で一貫して行われる。右は福井特産の花らっきょうのびんづめ。花らっきょうの名は、球の両端を切り落とした端(はな)切りらっきょうからとか


福井の花らっきょうは、足かけ3年植えたままで栽培するので、2年目の秋には、美しい淡紫色の花をつける


「野菜図鑑」目次ページへ

「野菜の情報」トップページへ