Daucus carota

carrot(英)

carotte(仏f)

人参(和)

アフガニスタンでうまれた

緑黄色野菜の代表的存在。

最近、がんに効くと注目の

βカロテンも豊富


カロテン豊富な根菜

 にんじんは、根を食べる野菜の中では珍しく緑黄色野菜です。オレンジ色の色素はカロテン。体内でビタミンAに変わります。緑黄色野菜の中でも、カロテン含有量はトップクラス。約50グラム食べれば、成人に1日に必要な量のビタミンAがカバーできます。カロテンの名も、英語のキャロットに由来しています。

【油との相性がよい】

カロテンは油に溶けやすい物質です。バターや油といっしょに調理すると、カロテンの吸収利用が促進されます。きんぴらや精進揚げなどは理にかなった食べ方です。

【カラフルなにんじん】

世界各国のにんじんはオレンジ色が一般的です。しかし、原産地といわれるアフガニスタン周辺に分布している野生種やこれから発達して現在栽培されているものは、白色、黄色、紅紫色、黒紫色などもあり、形も丸いものや長いものなどさまざまです。

五寸にんじん

根の長さが15〜20センチ、根の先が丸くつまっているものが多い。現在の品種は五寸型が主流。

金時にんじん

唯一残っている東洋系。紅色の肉質は柔らかくて甘みがつよく、にんじん臭さが少ない。中長型で長さ30センチ前後。

【名前の由来は薬用人参】

中国では胡の国から伝わっただいこんという意味の「胡羅葡(フロボ)」とよばれています。中国から渡来したにんじんは、日本で古くから知られていた薬用人参と根の形が似ていたので、それと区別して芹人参(せりにんじん)とよばれました。せりと同じような葉をしていたからです。それが食用として広く利用されるようになり、いつしか「芹」がとれてにんじんとなりました。

大長にんじん

長さ60〜70センチの西洋系。柔らかく甘みもつよいが、栽培に手間がかかるため、現在は正月料理用などに、わずかにみられる。

【減ったにんじんのにおい】

戦後、日本でも食卓の洋風化にともない、東洋系に代わり、西洋系の「カロチンにんじん」がポピュラーになりました。最近は、にんじん特有のにおいが少なくなっています。健康志向とも相まって、「カロテンが豊富で、しかもにおいの少ないものを」という、消費者ニーズにそったためです。

【長さで表わす品種名】

西洋系のにんじんの色はカロテンによるものです。長さが15センチ前後とこぶりになっています。日本で分化した品種は、三寸にんじん、四寸にんじん、五寸にんじんというように根の長さをもとに尺貫法で表現されました。

三寸にんじん

早生品種で、長さ10センチほどの円すい形。生育は早いが収量が少なく、昭和30年代中ころから減少。今はほとんどつくられていない。

島にんじん

沖縄だけで栽培されている。耐暑性が強く、色は黄色で30〜40センチと細長い。甘みがあり、煮もの、いためものに。

ミニキャロット

長さ10センチほどで細長い。ベビーキャロットともいう。特有のにおいが少なく、甘みがあるので生食用に人気。丸いものもある。


日本では西洋系が主流

伝統の金時にんじんは東洋系

アフガニスタンから13世紀にヨーロッパに到達したにんじんは、さまざまな色がありました。

その後、理由ははっきりしていませんが、しだいに黄色が主体になってきました。そして15世紀以降、オランダで花開いた品種改良で黄色タイプから、芯までオレンジ色のものが生まれたのです。これが西洋系の「カロチンにんじん」とよばれるもののはじまりです。

日本には江戸時代後期にヨーロッパから長崎に入ったものと、ヨーロッパからアメリカを経由して、日本に入ったものとがあり、これらが現在、日本で栽培されているにんじんの主流になりました。

一方、同じアフガニスタンにふるさとをもつ東洋系は、江戸時代初期に中国から日本に入ってきました。色も多彩で、細長いものでした。

現在唯一出回っているのは、関西の金時にんじんで、暮れには関東にも出回ります。先が細く、深い紅色をしています。これは京にんじんともよばれます。


全国的には周年栽培

生産量は北海道がトップ

にんじんの生育適温は18〜21℃。地域の気候に合わせ、全国的にみると、周年栽培されています。全国の生産量は約70万トン。このうち、北海道が3割を占め、次いで千葉、青森、徳島、埼玉、茨城の順となっています。秋にんじんは北海道が全国の生産量の8割以上を占めています。冬にんじんは千葉、埼玉、茨城が、春夏にんじんは千葉、徳島が主な産地です。

羊角にんじんは西洋系の最初

今のにんじんの源は黒田五寸

江戸後期、長崎での栽培記録が残っている”羊角(ヨウカク)にんじん”は日本の西洋系の最初とされています。それが長崎五寸になり、現在日本をほぼ制覇している”黒田五寸”や一代雑種の”向陽2号”などの五寸にんじんを生んだのです。江戸初期に渡来した東洋系は赤・白・黄・紫など多彩でしたが、このうち現在栽培されているのは赤色の”金時にんじん”だけです。


ヘルシーでおいしい

人気のにんじんジュース

最近、カロテンに抗がん作用があることが明らかになりました。そこで気軽に飲めるヘルシードリンクの流行と相まって、人気をよんでいるのが、にんじんジュース。レモン汁を加えたりフルーツとミックスして、にんじん嫌いな人にも飲みやすくなっているものなど、メーカーごとに個性がみられます。

風味よし、栄養もいっぱい

にんじんの葉を生かす

夏だけの葉物として、京都を中心に関西ではにんじんの葉が出回ります。小指大くらいの根に20センチほど若葉が伸びたものや根の肥大していないものを収穫するのです。地元で「にんじん菜」「葉にんじん」とよばれているこの若葉には、根の2倍以上もビタミンAが含まれ、ビタミンCやカルシウムも含まれます。風味があり、油いためやおひたし、あえものに利用されています。


寒い冬を越し、春夏に収穫するにんじんはトンネル栽培

機械で掘り起こし、葉を切り落としてコンテナへ

次々と引き抜き、葉を切り落として大きさ別に選別


「野菜図鑑」目次ページへ

「野菜の情報」トップページへ